エネマネドットコムの用語集です。

用語集

エネマネドットコムで使用されている様々な用語などをまとめました。

ジャンル一覧

  • 全般
  • 高圧(デマンド制御)
  • 低圧(ブレーカー)
  • 太陽光
  • 省エネ関連補助金
  • EMS
  • その他

全般

省エネ

省エネルギーの略。
エネルギーを消費する時に無駄を省き、効率的に利用してエネルギーを節約し、消費エネルギーを抑えても同じ成果が出せるようにするという考え方です。
ここでいう「エネルギー」とは、普段使用する電気やガス、ガソリンとそれらを作るために必要になる石油や石炭、天然ガスなどの資源のことをいいます。

創エネ

創エネルギーの略。
節約するだけではなく、太陽光発電や家庭用燃料電池を利用して積極的にエネルギーを作り出していくという考え方です。

畜エネ

畜エネルギーの略。
必要な時に必要な電力を取り出して利用する考え方です。
蓄電地等と組合わせてエネルギーを貯(蓄積)めておくようにすることをいいます。

低圧電力

商店や小規模工場などでモーターなどの動力を使用され、
契約電力(容量)が原則として「50kW未満」の方向けの契約形態です。
契約電力の大きさに応じて基本料金が決まります。

高圧電力

契約電力(容量)が原則として「50kW以上」の方向けの契約形態です。
契約電力の大きさに応じて基本料金が決まります。
低圧電力と違いキュービクルがあることも特徴で、供給電圧が6kV以上であれば高圧電力となります。

低圧(ブレーカー)

ブレーカー

ブレーカー(=breaker)とは、電気の流れを遮断するための装置のことをいいます。
電気の使いすぎや漏電を防ぐことで、火災などの危険を回避するために設置されています。

電子ブレーカー

電気の基本料金を決定する負荷電流をCPU回路で感知し遮断をおこなうブレーカーです。
その為、最大容量域で制御することができ、最小限の契約容量で必要な電力量を得ることが可能となります。

熱伝導式ブレーカー

電気の基本料金を決定する負荷電流をバイメタル方式で感知し遮断をおこなうブレーカーです。
※バイメタル方式:熱膨張係数の異なる2種類の金属板を張り合わせ、過電流が流れると内部の湾曲量が大きくなり、回路を遮断する方式。

負荷設備契約

ご使用になる電気機器(動力設備)のモーター容量(出力)の総合計に係数を乗じて得た値を総合計とします。
普段は稼働していない設備や稼働率の低い設備の分も、契約容量として加算されている為、契約容量(基本料金)が大きい場合があります。

主開閉器契約

契約主開閉器の容量(定格電流値)に算定式を加えて計算を行ない決定します。
設備の容量や台数に関わらず、主幹につけるブレーカーによって決まる為、実際に設備を稼働した時に流れる電流値(アンペア)に合わせて設定できます。

高圧(デマンド制御)

デマンド(最大需要電力)

高圧、特別高圧で電気を受ける施設は30分最大需要電力計(デマンド計)が組み込まれた取引用電力量計を取り付けており、電気の使用量を計測しています。
30分間の電気の使用量を計測し、平均使用電力(kW)を算出し1ヶ月の最大の値を記憶し、表示するようになっています。

ピークカット

電力需要が集中する時間帯(ピーク)の供給電力量を低く抑えることをいいます。供給電力量の負荷を他の時間帯にずらす「ピークシフト」とは考え方が異なります。

ピークシフト

電力需要が集中する時間帯(ピーク)をずらして(シフト)、電力需要ピーク時における電力消費を分散し抑えることをいいます。

パルス

極めて短時間だけ流れる電流や電波の事です。

太陽光

太陽光発電

「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。

パワーコンディショナ(パワコン)

太陽光発電システムや家庭用燃料電池を利用する上で、発電された電気を家庭などの環境で使用できるように変換する機器のことをいいます。(インバータの一種)

ZEH(ゼッチ)

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住宅の高断熱化と高効率設備により省エネを実現させた上で、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

ソーラーシェアリング

農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備等の発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行うことをいいます。 農林水産省では、この発電設備を「営農型発電設備」と呼んでいます。

買電

電力会社が、自家発電設備を持つ企業や太陽光発電設備を持つ企業や家庭などから余った電力を買うことです。

FIT制度(フィット)

「固定価格買取制度(FIT)」 の事。太陽光などの再生可能エネルギーの普及を図るため、電力会社に再エネで発電された電気を一定期間、固定価格で買い取ることを義務づけた制度です。

メガソーラー

1MW(1,000kW)以上の出力を持つ大規模な太陽光発電システム。 遊休地・堤防・埋立地・建物屋根などに設置されていることが多く、再生可能エネルギーの基幹電源として期待されています。

屋根貸し

保有ビル等の屋根部分を、他の太陽光発電事業者に貸し出す事。 発電事業者は屋根を借り、システムを設置させてもらう代わりに、建物の持ち主に賃料として一定の代金を支払います。

余剰電力

太陽光発電で得た電力量から、事業所や家庭内で使用した電力量を差し引いて残った電力量の事。
余剰電力は電力会社に売却することができます。

自家消費型太陽光発電

「固定価格買取制度」において設備認定を受けないものを対象とし、
発電した電気を電力会社に売電するのではなく、発電した電気を店舗・工場等で自ら消費する仕組みの事を指します。

グリッドパリティ(Grid parity)

太陽光発電設備やその他の再生可能エネルギーの発電コストが既存の電力コストと同等であるか、それ以上に安価になることを指します。

O&M

太陽光発電所の運用管理(Operation:オペレーション)と保守点検(Maintenance:メンテナンス)の略称。

VPP

バーチャルパワープラント(Virtual Power Plant)の略称の事。仮想発電所とも言います。
各地にある複数の小規模発電設備(太陽光、蓄電池等)を、あたかも1つの発電所のようにまとめて機能させることです。

PPA

パワーパーチェスアグリーメント(Power Purchase Agreement)の略称の事。
電力購入契約のことで、電力を消費するユーザーの敷地や屋根上に、事業者が太陽光発電システム等の分散型電源を設置し、そこで発電した電力をユーザーに販売するモデルです。

EMS(エネルギーマネジメントシステム)

SII(環境共創イニシアチブ)

環境・エネルギー制約及び経済的社会的環境の変化から生じる課題解決に向け、オープン・イノベーション等をもって、技術革新と市場創出を主導することを目的として活動している団体です。

エネマネ事業者

正式名称「エネルギー管理支援サービス事業者」。
経産省が指定する執行団体「SII」の平成29年度「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」のエネマネ事業者として登録されたエネルギー管理支援サービス事業者の事を指します。

CEMS

「Community Energy Management System」地域のエネルギーマネジメントシステム・・・=コミュニティー・エネマネ

HEMS

「Home Energy Management System」家庭のエネルギーマネジメントシステム・・・=ホーム・エネマネ

BEMS

「Building Energy Management System」ビルのエネルギーマネジメントシステム・・・=ビル・エネマネ

SEMS

「Store Energy Management System」スーパーや小売店などのエネルギーマネジメントシステム・・・=ストア・エネマネ

FEMS

「Factory Energy Management System」工場のエネルギーマネジメントシステム・・・=ファクトリー・エネマネ

MEMS

「Mansion Energy Management System」マンションのエネルギーマネジメントシステム・・・=マンション・エネマネ

省エネ関連補助金

エネルギー使用合理化等事業者支援補助金

通称「エネ合」:経済産業省の管轄。補助率は1/3か1/2。
【対象】
省エネ設備全般(設備単位の場合は限定設備のみ)

既存建築物省エネ化推進事業

通称「建築物省エネ」:国土交通省の管轄。補助率は1/3。
【対象】
300㎡ 以上の既存住宅・建築物における高断熱材、複層ガラス、バリアフリー、空調、照明の整備(工場や倉庫などは対象外)

ASSET制度

通称「ASSET」:環境省の管轄。補助率は1/3。
【対象】
国が定める先進高効率機器の導入によりCO2排出量大幅削減を効率的に図る(国立大学や地方公共団体は対象外)

グリーンリース普及促進事業

通称「テナント補助金」:国土交通省の管轄。補助率は1/2。
【対象】
省エネ設備全般が対象(テナントビル以外は対象外)
※グリーンリース・・・ビルオーナーとテナントが省エネなどの環境負荷の低減や執務環境の改善について契約や覚書等によって自主的に取り決め、取り決め内容を実践すること。

その他

水銀条約

正式名称「水銀に関する水俣条約」。
【照明に関する内容】
①一般照明用の高圧水銀ランプの製造・輸出・輸入を2021年以降禁止
②メタルハライドランプ・高圧ナトリウムランプは規制対象外
③紫外線ランプなど一般照明用以外の特殊用途用ランプは規制対象外
④蛍光ランプは、水銀封入量を規制(5~10mg)

冷媒(ガス)

冷房・冷凍機で、温度を下げるために用いる熱媒体となる物質のことです。

R22冷媒

R22冷媒などの国内生産が2020年1月1日から削減・全廃が決まりました。
モントリオール議定書およびオゾン層保護法に基づくものです。
既にCFC(R12、R502など)の生産は1996年に全廃となっています。
※国内の冷凍空調機器メーカーはすでにR22対応製品から代替冷媒製品の生産・販売へ移行しています。

SDGs

エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標の事。
地球規模の課題に対応するため、2015年の「国連持続可能な開発サミット」で、193の全ての国連加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中に盛り込まれた2030年の世界目標です。

まずは無料で電力診断!

クリスマスキャンペーン

電力削減の種類

高圧電力が対象

低圧電力が対象

すべてに対応

私たちはクライアント様の利用状況やお悩みに合わせて最適なサービスをご提供いたします。

電カ診断士のご紹介

資料ダウンロード

用語集

よくある質問

施工業者様募集

私達からのお約束

調査とご説明を徹底!
ご要望を入念にうかがいます
成果が出なければ費用は頂
   きません!

プライバシーマーク RapidSSL